ウラジミールの微笑

池澤夏樹=個人編集 世界文学全集の全巻読破を目指します

『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』ウラジミール・ナボコフ/富士川義之訳

セバスチャン・ナイトは私だ

きみと一緒の生活はすばらしかった―そしてぼくがすばらしいと言うとき、ぼくは鳩や百合の花、そして天鵞絨(ヴェルヴェット)、さらにその単語のあの柔らかなVと長く引き伸ばしたlの音に合わせて反り上がったきみの舌の反り具合のことを言っているのです。ぼくらの生活は頭韻的でした。(p.161)

<<感想>>

本作の語り手は、セバスチャン・ナイトの異母弟である。セバスチャン・ナイトは、夭折した小説家であり、どうも語り手はその伝記を書こうとしていて、この『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』こそが、その伝記そのもののようだ。語り手がセバスチャンと交流のあった人物などから取材を進めたり、その作中作を引用することによって、いわばモザイク式に、少しずつ、セバスチャンの年譜やその作中作の概要が明らかになっていく。そして、語り手の辿る道と、これらの作中作とが次第に混淆してくる。

本作のプロットは、大よそこんな仕掛けになっている。

しかし、本作において重要なのはプロットではない。それは、作品中で展開される文学論からも、『文学講義』などで披歴されるナボコフ自身の文学観からも明らかだ。

本作において重要なのは、この入れ子上になった技巧的なプロットの上に展開される、素晴らしくも美しいその細部にある。

文学はまずおもむろに千切ったり、裂いたり、潰したりしてから―その愛らしい生臭さを掌のくぼみに嗅ぎつつ、口に入れてよく噛み、舌の上にころがしてじっくり味わうことだ。(『ロシア文学講義 上』河出文庫、p.241)

『文学講義』は、まさしく本書読解のための攻略本である。そのため、以下では『文学講義』ばりに、本作の細部について箇条書き的に記してみる。いわゆるネタバレが本作の価値を貶めることは一切ないが、お嫌いな人はどうぞ続きを読まないようにお願いします。

 

続きを読む

1-05『巨匠とマルガリータ』ミハイル・ブルガーコフ/水野忠夫訳

ゴーゴリの二の舞

「どうか証明書を見せてください」と女は言った。

「何を言うのです、結局、そんなことは滑稽なものです」とコロヴィエフは譲らなかった。「作家かどうかを決めるのは証明書なんかではけっしてなくて、書くもの次第なのです!・・・」(p.524)

<<感想>>

作家という人たちは、自身の作品の中に他者の作品を登場させたがる。

例えば、みんな大好き村上春樹も、『ノルウェイの森』の中では(ハルキストの誰もが読んでいない)『魔の山』を登場させる。遠い昔のことだからよく覚えていないけれど、『風立ちぬ』も出てきたっけか。その『風立ちぬ』の中では、書名も作者名もでてきはしないが、『マルテの手記』の一節とほとんど同じの長いパラグラフが登場したりする。これは小説家に限られず、漫画『ナニワ金融道』の主人公の部屋には、作者が敬愛するドストエフスキーの『罪と罰』が描かれていたりする。

 

これは先達への尊敬の意の表明のためなのか、読んでいるアピールのためなのか、後世の批評家のための仄めかしのためなのか。ただ、作家たちの心中を想像するのなら、ある種のプレッシャーも感じるはずである。それは、偉大な先達の作品を読み、消化し、あるいは引受けた上で自身の作品が書かれていることの表明に他ならないからだ。こうして小説家たちは、過去の名作という重荷を背負い、文学史の階段をまた一歩登っていくのだろう。私が、『悲しみよこんにちは』に「文学史がない」と言ったのはこの意味においてである。

続きを読む

1-04③『悲しみよ こんにちは』フランソワーズ・サガン/朝吹登水子訳

プルーストはお好き?

<<感想>>

ものうさと甘さとがつきまとって離れないこの見知らぬ感情に、悲しみという重々しい、りっぱな名をつけようか、私は迷う。その感情はあまりにも自分のことだけにかまけ、利己主義な感情であり、私はそれをほとんど恥じている。ところが、悲しみはいつも高尚なもののように思われていたのだから。私はこれまで悲しみというものを知らなかった、けれども、ものうさ、悔恨、そして稀には良心の呵責も知っていた。今は、絹のようにいらだたしく、やわらかい何かが私に蔽いかぶさって、私をほかの人たちから離れさせる。(p.456)

再読。書棚にある文庫版の奥付を見たところ、どうやら初読時はサガンが本作を執筆したのと同じ19歳の頃だったようだ。同い年、というところからくる嫉妬心や敵愾心のようなものがなくなり、素直に読めたように思える。読む前から☆☆だな!決めつけていたが、☆☆☆にしようか少し悩んだ。

続きを読む

1-04②『愛人 ラマン』マルグリット・デュラス/清水徹訳

早すぎたケータイ小説

この川はカンボジアの森のなかのトンレサップ湖から始まり、出会うものすべてを拾い集めてここまで来た。それは訪れてくるものすべてを連れてゆく、藁小屋、森、消えた火災の残り、死んだ鳥、死んだ犬、溺れた虎、水牛、溺れた人間、罠、水生ヒヤシンスの集落、すべてが太平洋へと向かう、どれひとつとしてふつうの調子で流れてはいない、どれもこれも、内部の水流の深く、めるくめくような嵐に運ばれてゆく、どれもこれも、大河の力の表面に宙吊りになっている。 (p.359)

≪感想≫

wikipediaに書かれた「ケータイ小説」の特徴を幾つか抜き出してみる。

ケータイ小説 - Wikipedia

文体

1.改行が多い、2.一文一文が短い、3.主人公の主観視点、4.意識の流れ的記述

内容

1.少女を主人公とした恋愛ものが多く占める、2.悲劇的な出来事が題材にされやすい、3.性的描写が多い

その他

1.普段本を読まない層に爆発的に消費され、ベストセラーとなった、2.人気作は映画化された、3.JPOPの歌詞と親和的である。

 

続きを読む