ウラジーミルの微笑

池澤夏樹=個人編集 世界文学全集の全巻読破を目指します

『モンテ・クリスト伯』アレクサンドル・デュマ/山内義雄訳

モンテ・クリスト・ナンバー1

  「学ぶことと知ることとはべつだ。世の中には、物識りと学者とのふた色があってな。物識りをつくるものは記憶であり、学者をつくるものは哲学なのだ。」

「ではその哲学が習えましょうか?」

「哲学は習えぬ。哲学とは、学問の用を知っている天才のみにゆるされるあらゆる学問の総和なのだ。哲学とは、輝きわたる雲だ。キリストが天に昇ったのも、つまりこの雲に足をかけたからのことなのだ。」((一)巻p.370)

≪感想≫

全集買ったはいいが、散発的に届くだけでなかなか全部が揃わなかった。

結局第2集はキャンセルになってしまった。

全部揃うまで退屈だから読んでいたのが本作。

 

私にとっての本作は、なんといっても、なにはなくても、なにはともあれ、そう「葉巻」である!以下は葉巻好きには常識でも、文学好きにはあまり有名でない逸話である。

現在、世界で最も有名といわれている葉巻の銘柄(ブランド)は、「モンテクリスト」という。もちろん、本作にちなんでのことである。命名は、原著刊行から91年後、1935年のことである。

当時、葉巻工場にはレクトールといわれる朗読係がいたという。レクトールの役目は、作業中の葉巻職人たちが退屈をしないように、物語を朗読すること。そんな葉巻職人たちの一番のお気に入りがこの「モンテ・クリスト伯」だったのが命名の由来のようだ。

 

本作の作中にも葉巻はしょっちゅう登場する。モンテ・クリスト伯爵になって絢爛豪華な暮らしを送るエドモン・ダンテスが、来客に振る舞う富のキーアイテムが「ハバナ産の葉巻」である。私はまるで作中のアルベール君のように、垂涎の思いでこの下りを読んだ。単に豪華な食事や、それこそポンパドゥール夫人よろしくワインを愛でてもよさそうなものだが、ここで葉巻を振る舞うのも実はミソの一つである。

本作を彩る歴史的な背景の一つとして、19世紀フランスにおける王党派とボナパルト派の対立がある。ダンテスが投獄されるのも、はからずもボナパルト派の間諜となったことによる。ナポレオン・ボナパルトが後世に与えた影響は多岐にわたるが、実は葉巻もその一つである。そもそもフランスに葉巻が広まったのは、ナポレオンがスペイン独立戦争に際して葉巻を持ち帰ったためといわれている。そして、ナポレオン自身も葉巻を愛した。そう、葉巻はボナパルト派の象徴なのである(ちなみに王党派の象徴は「嗅ぎたばこ」である。)。

 

 嫌煙派の人には申し訳ないが、本作を愛するのなら、葉巻の「モンテクリスト」もぜひ味わってもらいたい。葉巻好きには、普段はたばこ(一般的な紙巻たばこのこと)を吸わないという人も多くいるので、ぜひお試しあれ。

 

脱線はこのくらいにして、本作の感想。

やはり本作は、「偉大な大衆小説」といった評価が正当だろう。

いやがおうにでも読者を強烈に引き込むプロット力には恐れ入る。

ナボコフ先生的にはきっと、こうした読書が許されるのはきっと小学生までである。

自分と作中人物とを同化させたり、出来の悪い冒険物語に夢中になったりするのが許されるのは、子供たちだけだ。『ナボコフの文学講義 上』(河出文庫、p.354)

漫画を読んでいると、作中人物が「説明的なセリフだな」などと自己言及的な突っ込みをいれるシーンを目にするが、まさにデュマはこの「説明的なセリフ」の嚆矢ではなかろうか。極力会話文中心で文章を繋いでいくスタイル。まったく違う分野だが、私は黒沢映画の「隠し砦の三悪人」のテンポを思い出した。本作と同様、現代の大衆物語の範たる偉大な作品である。そういえば黒沢は、ダングラールが受ける拷問(?)シーンを別の映画で直接引用してたっけ。

 

それにしても、ブックリストやマイベストなどを掲げる人の中に、刺激的だが凡庸な本作と、退屈だが偉大なあの『ボヴァリー夫人』とを同時に列挙するのを見ることがある。

しかし私の読みでは、両作品まさに対極の存在である。同じ19世紀フランス文学のカテゴリの中で、類似点は売上くらいではなかろうか。この両作品のどちらを愛するかで、ハバツが決まるといっても過言ではない。

ボヴァリー党の私としては、モンテクリストは焚きしめて、その香りを味わうことにしようと思う。

お気に入り度:☆☆☆

人に勧める度:☆☆☆☆

 

 

モンテ・クリスト伯 7冊美装ケースセット (岩波文庫)
 
 ≪背景≫

1844年-発表。舞台は1815年の百日天下の前史に始まる。復古王政期を経て、物語中盤以降はオルレアン期に終わる。

同時代人はバルザックやメリメ。メリメの『カルメン』が1845年の発表である。

前世代は、むしろ散文ではなく詩の時代か。ラマルチーヌやミュッセが活躍した頃である。

本作の時代背景で重要なのは、文学史というよりも歴史の方であろう。

本作がかかれたのは、ブルジョワ王朝のオルレアン期であり、デュマ自身もオルレアン公の庇護を受けた。自由な大衆文化が花開いた頃といっていいだろう。

しかし、本作で凱歌を挙げたボナパルティストが、後にそのオルレアン朝を打倒し、第二帝政に突入していくのは歴史の皮肉だろうか。

≪概要≫

 復讐譚の王道である。大衆向けの連載作品として、会話文中心の文章を特徴とする。

全体は117の章に分かれているが、その上の括りはない。各章には見出しが付されているが、まったく同名の見出しが付されている例もある。

作品中の年代が比較的詳しく書かれており、その時間軸に従えば、おおよそ4部か5部程度にはわけられそうである。

≪本のつくり≫

訳文には若干の古さを感じることもあった。

しかし、おそらくは原文からそうであろう圧倒的な分かりやすさ、読みやすさのため、若い読者も抵抗なく読み進めることができそうである。

具体的な例は失念したが、日本文化固有の名詞に訳出している箇所が数か所あり、若干興ざめであった。

訳注は詩句の直後にカッコ書きで挿入されるスタイル。量は必要にして十分といえそう。

若干残念なのは「美装ケース」である。せっかくセットで買ったのに、むさいおっさんの顔写真一枚で終わりって・・・。『ドン・キホーテ』のケースはよかったのに。

経験があるので慎重に取り扱ったが、実はこのケースは結構脆いのでご注意を。